佐野洋子・・・・おもしろ~~~っ♪

日曜日の朝、のんびりテレビをみる。

報道番組はバラエティー化してつまらない!

筑紫哲也さんのファンだった私は
今の日本には本物のジャーナリストが
居なくなったと思っている。

タレントまがいのコメンテーターの話しはまったくもって見たくない!!

どこのテレビ局も同じような番組で、
テレビ局の主義主張はないのか?

そんな時は NHKの趣味の園芸と決めている。

趣味の園芸も興味がある種類と興味がない種類があって
あまり面白くない時もあるんだけど 政治評論会(?)を見ているより
断然良い・・・・!

いつ頃からか趣味の園芸の後 
5分間 「ようこさんのことば」をやる・・・。

これがつぼに嵌って毎週楽しみにしている・・・♪
なんか、知識も教養も何の芸もない私だけど
このようこさんの感性が好き!!私に似ている・・・(*^_^*)

で、早速本を探し出して 読んでいる・・・。

エッセイを読んでいるとすごく気の合う友達とコーヒーでものみながら、気がついたら3時間もしゃべりつづけてた〜〜♪
あ〜〜!すっきりしたー!というような気分になる。


c0034199_15494656.png


ちょうど 子猫を貰ったばかりの私!!

その中の
「当たり前じゃん」というエッセイ
うん、うん、うん、ホントにそう・・・♪



ついでなので 長くなるけど思い切って書いてみる・・・

ようこさんのエッセイ、「当たり前じゃん」

「猫の砂箱を洗いながら、何かへんだなあと思った。この猫の砂箱はいつからあるのだろう。グリーンのプラスチックの四角い箱を、スーパーのペット売場で買った事を思いだした。
そこにはいろんな大きさで、いろんな色で、いろんな方式のがあった。砂用のものや、細いスノコの下に引き出しがついていてたまったおしっこをトイレに捨てて洗うとかがあって、私はまじめな顔をして迷って、店員にあれこれ質問なんかした。店員は当たり前の顔をして、まじめに答えた。その時も少し変な気がしたが、私は砂もいろいろあるうちの一種類を選んだ。それから、猫用のカンヅメもついでに買った。カンヅメを買う時には、それはテレビに出て来る猫のグルメ用だったので、急にいきおい込んで、うちの猫がもうじいさんで、食欲がなくて、すぐはいたり下痢したりするんだもん、前はすごく粗食だったもん、もうすぐ死ぬんだからいいんだもんと自分にいい聞かせて、何か決然と顔を無理に上げた。そして砂箱を洗いながらやっぱ変だと思う。
砂箱はその前は使わなくなったプラスチックの引き出しを使っていた。その時は砂でなくて新聞紙を使っていた。その前は箱なんかなかった。勝手に外に出ていってどこかにおしっことうんちをして来て、私は猫のうんちなんか見た事なかった。どこで何をしているか全然知らなかった。
いつか満開の桜の下の平っぺたい石の上にばかに気取ったうちの猫が落ち着いて、さも自分の場所だという風に座っていたので関心したことがあった。その時、私はうれしい気分がした。時々すずめをくわえて食べていたけど、気にしなかった。猫だから当たり前だと思っていたけど、居合わせた友達がキャーと叫んだので、叫んだ友達を厭だなと思った。猫だもん当たり前じゃん。
どっからか当たり前じゃなくなった。猫用の医者に連れて行き何万円もとられてそれが当たり前と思うようになった。昔なら、そのまんま死んだのだ。猫用に手当てするから長生きして、猫用砂に砂箱、つめとぎ、猫用ホットカーペット、猫用カンヅメになった。うちの猫はよぼよぼになって過保護になって、毎日じっとうつらうつらとして死ぬのを忘れている。猫が生き物らしく潔く死ぬ死に方なんかあった事すら知らぬようで、態度だけは年寄りくさく、卑屈な目付きをしている。
見れば哀れで、やっぱりグルメカンヅメにしてよかったなどと私は思うのだ。でも私はうちの猫の生き物としての誇りを徐々にうばったような気がしてならない。猫を生き物としてよりも人間の常識を一方的に与える事が良いことだと思ったのだ。いやちがう。生き物としての生と死をつき放す冷徹さを持つことをおそれたのだ。うちのよぼよぼ猫のおしっこ箱を洗いながら、このごろの人間の死に方もどっか変だ、私は自分は人間としてよりも生き物とそて死のうと猛々しく思うが全然自信がない。
そして、うちの猫の桜の下の気取った様子を思い出すと、輝かしい命の時もあったのだと泣きそうになる。まだ死んでないのに。」

いや~同感、同感・・・。
どこか 雲の隙間から 真っ青な空が広がるような
すがすがしい気持ち・・・・♪


古本・ギャラリー 閑古堂
毎週 : 木・金・土・日(第3木は休) 13時~17時 営業しています・・・♪
本を売りたい人も 本を買いたい人も  話がしたい人も ナチュラルな「うつわ」が大好きな人も みなさん お待ちしております・・・・♪






人気ブログランキングへ



にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by natumikan52 | 2015-06-08 16:35 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://natumikan5.exblog.jp/tb/24228468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 野良猫に 子猫が襲われてしまい... 子猫がやって来た〜〜♪ >>