過ぎてしまえば・・・



97歳父が他界しました。
2017年1月に家の中で転んで3日間入院
その後少しずつ体の動き、認知の状態が悪化してきました。
2017年2月に介護認定を受けて、要介護1
はじめてデイサービスへ

2年目の介護認定の評価は要介護2の判定

このころは日常のいろいろな問題はありながら普通の生活が送れていました。
今年になって認知の状態は明らかに進んでいたので
3月に認知症外来の診察を受けたところ
脳腫瘍が判明。

4月始めまではコミニュケーションがとれていたのに
中旬には言葉が通じなくなり、父の言葉も意味不明になりました。
この頃から、徘徊が始まり 近所の派出所のお世話になり
対策として家の出口、ドアに補助キーを掛けてでれなくしました。

それでも、午前中は毎日畑に出掛け
出来るだけ普通に暮らしました。

4・5・6月は 昼、夜の感覚がなくなり
私は夜も寝れない時間を過ごし ストレスもマックスになり
どこか施設に預けたい!!だれか助けてください!!という心境で
日々を過ごしてました。

5月に介護認定を受け直し、要介護3

老健、特養思いつくところはすべて申し込み
徘徊があること、食事があまりとれてないことを理由に
中々入所させてもらえず・・・

7月始めに1メートル位の高さの出窓から
深夜2時頃脱出して、側溝に落ちて動けなくなっているところを
救出して、シャワーで洗いベットに寝かせる。

その日の昼間、高熱がでたので骨折?と思い近くの総合病院に連れて行き
CTを撮る事になったのですが いやがって、あばれて撮れず・・・

先生も困ってしまい、とりあえず歩けること、腕もこれだけ強い力で
抵抗出来るし、骨には異常がないと思います。と言うことで
解熱剤を処方して貰い帰宅。

その日から高熱が続き、解熱剤で一時的に下がっても
又熱が上がる。
熱があるので意識の状態も体の動きも悪くなり
まともに歩けなくなり、私一人の力では起こすことも
不可能なため、総合病院に入院させてもらいました。

熱の原因は肺炎でした。
その後、窓から飛び降りた時に
背中を強打したようで、背中が大きく化膿していました。
炎症反応が高いから、肺炎もだけど、背中の化膿のせいもあると言うことでした。
傷を開いて膿を出して貰いました。

家では普通の食事をしていたのに
病院ではペーストのものになり
食事と認識できずに 食事を拒否するようになり
だんだん体が衰弱していきました。

この頃は主治医も長くないと思っていたのか?
好きな物を食べさせて良いというので
家から形のあるたべものを持って行き
少しづつ食べさせていました。

7月25日
主治医から意識の状態があまり良くないから
絶食を言い渡され・・・

7月26日
水分補給の点滴を抜いて貰う
足が紫色に変色して、象の足のようにむくみ
押してもへこまないほどカチカチ・・・

食事も、栄養点滴もないのに
水分補給の点滴だけするのは あまりにも残酷だと思い
抜いてもらいました。

この日から 点滴がはずれ
腕の拘束もなくなり 見た目には穏やかな感じになりました。

8月2日
夜8時頃 声を掛けても
私と視線を合わせる事はなかったけど
ベットの柵を握ってカタカタ動かして
しっかり目も開いていました。
まだまだ大丈夫!!

8月3日
朝8:30分頃
病院から電話
病院は我が家から歩いても5分以内の所
すぐに走って病院に向かうと、個室に移され
計測器?の警告アラームが鳴り響いてました。
手を握ると冷たく、胸の当たりに少し体温が感じられました。

急速に進んだ症状は脳腫瘍の影響だという
97歳にして脳腫瘍で命を落とす
脳腫瘍がなければ、認知もゆるやかで
100歳まで生きれたかもしれない、と思うと残念だけど
よくガンバッタ!!

介護のど真ん中にいると
出口が見えず、不安と疲労に押しつぶされそうになり
過ぎてしまうと、いっぱい優しくしてあげれば良かったと
出来なかったことを拾い集めて、ごめんね!と手を合わせてます。


9月に故郷 宮崎に納骨してきます。
ずっと帰りたかった故郷に
母の元に行けて父も母も喜んでいると思います。

出口が見えず、ただただ不安な日々も
過ぎてしまえば、4,5,6,7と、たった4ヶ月・・・

母を看取り 夫を看取り 父を看取り
ペットも コロちゃん(犬)ハッピー(犬)みーちゃん(猫)リンくん(猫)
を看取り

とうとう一人ぼっちになりました。
さ~これから自分の人生の立て直しです。

c0034199_10593306.jpg


古本・ギャラリー 閑古堂
毎週 : 木・金・土・日(第3木は休) 13時~17時 営業しています・・・♪
本を売りたい人も 本を買いたい人も
 話がしたい人も ナチュラルな「うつわ」が大好きな人も みなさん お待ちしております・・・・♪

安城市住吉町3丁目10-30
電話0566-98-3355





陶芸 ブログランキングへ



にほんブログ村








# by natumikan52 | 2018-08-11 10:59 | 介護 | Trackback | Comments(2)

えらそうに言っても・・・。


母を施設に預けたことで、最後まで看てやれなかった罪悪感みたいなものをずっと引きずっている。父はちゃんと家で看よう・・・!とえらそうに思っていた。

ところが実際に介護が始まると
すでにギブアップ状態。

徘徊、異常行動、コミニュケーションがとれない。
おまけに身体能力も落ちてくる。

腰痛持ちの私は父を立たせるのも大変で
次の日は腰が伸びずにくの字状態・・・。

こんなんじゃ家で看るのはとんでもない。
どこかで預かって貰わないと共倒れになってしまう。

あ~~!!
ところが問題行動、徘徊があると中々預かってくれる施設がない・・・。

私は体も、精神もぎりぎりの状態で
1ヶ月以上風邪が治らず 内科の薬を飲むのがいやになって
耳鼻科に行ってみたら、気管支炎と副鼻腔炎を起こしているらしい。

薬が変わったら 毎日出ていた夜の8°代の熱がでなくなり
夜中の咳き込みも治まってきた。それでも、鼻水、淡が治らず
しばらく耳鼻科通い!!

問題があって、家で看れないから施設のプロにお願いしたいと思うのだけど
問題行動がある人は手がかかるので預かれません、と言われる。
問題行動がなければ、家でみれるのに・・・
問題行動があって家で看れないからお願いしてるのに・・・
手のかかる人は預かれません。とくる。

今は何処にも出口が見えない状況で一人で看ています。
仕事も手に付かず、家のことも、やりたいことも何も出来ずに
毎日認知症の父と過ごしてます。

近いうちにどこか預かりますよ~!と言ってくれることを
希望に1日1日をやり過ごしてます。


c0034199_09550070.jpg


古本・ギャラリー 閑古堂
毎週 : 木・金・土・日(第3木は休) 13時~17時 営業しています・・・♪
本を売りたい人も 本を買いたい人も
 話がしたい人も ナチュラルな「うつわ」が大好きな人も みなさん お待ちしております・・・・♪

安城市住吉町3丁目10-30
電話0566-98-3355





陶芸 ブログランキングへ



にほんブログ村





# by natumikan52 | 2018-06-09 09:51 | 介護 | Trackback | Comments(3)

大好きなバラが咲いた・・・。

3月の終り頃病院で、脳腫瘍が見つかった97歳の父は
その後日増しに問題行動、言語喪失とめまぐるしく悪くなってきた。
・私のことばが理解できない。
・紙に書いても文字が読めない。
・父のことばが意味不明
まったくコミュニケーションがとれない。
父の言いたい事が分からないから
父は父でヒステリックになり
近所のお店に助けを求めて出て行く・・・
訳もなく出て行って迷子になる・・・

警察に保護されて連れて来てもらう
電話がかかってきて、近所のお店に迎えに行く

そのたびに頭を下げて、何事もなかったような父の顔を
見ながら途方にくれる・・・。

陶芸も本屋も庭も
ほとんど何も出来ず、庭はジャングル状態・・・。

今父を看ながら、自分のゆく道だと思うと寒気がします。

安心して歳を重ね、安心して旅立てる世の中になったらな・・・。
c0034199_10442379.jpg

古本・ギャラリー 閑古堂
毎週 : 木・金・土・日(第3木は休) 13時~17時 営業しています・・・♪
本を売りたい人も 本を買いたい人も
 話がしたい人も ナチュラルな「うつわ」が大好きな人も みなさん お待ちしております・・・・♪

安城市住吉町3丁目10-30
電話0566-98-3355





陶芸 ブログランキングへ



にほんブログ村



# by natumikan52 | 2018-05-13 10:44 | 介護 | Trackback | Comments(4)

病院!!


認知症の父のこれから先のことを考えて
心療内科、認知外来の病院に行ってきた。

今の病院は先行き往診も出来ると言うことで
内科の薬を貰いながら診察をして貰っている。

特別不服もないのだけれど
ただ、適当感も感じていて、良い先生に巡り会えたという
安心感がない。

父の最後を看取って貰うことになる先生だから
納得いく病院を探そうと、認知症外来に診察に行ってきた。
この病院も将来往診が必要な患者は往診もしてくれる。

97歳の父に認知症の診察が必要かどうか、悩ましいけど
1度きっちり診察して貰おうと思って認知症外来に行ってきました。

病院の指示で総合病院でMRIを撮ってくる事になった。
ところが20分以上かかるというMRIが我慢できずに動いてしまって
撮影が出来ない・・・・。

何枚か撮れた画像は総合病院から認知症外来の担当医にすぐに送信されたようです。
そのMRIに脳に大きな腫瘍のような影が映っていることが判明し
認知症外来の先生からすぐに、今から救急外来に行って診察を受けてください!!
と、私の携帯に連絡が入った。

午前中MRIが終り、やっとのんびり買い物でもと、出掛けた先で電話を受けて
とんぼ返りして、午前中の総合病院の救急外来へ診察。

対応が微妙な感じで
え?何処が悪いのですか?
どの先生からの指示ですか?
今、脳外科の先生はみんな忙しいのですが・・・?
と、困惑ぎみ・・・。

いきさつを話し、認知症外来の先生が画像をみて
早急に診察が必要と判断され、ここの脳外科の先生に連絡を入れておきます。
と、言うことでした。

いろいろ問答した結果
若い美人の脳外科の先生に診て貰うことになりました。
先生・確かに大きな影があります。
   この写真は動いていて鮮明ではないので、もう1度造影剤を使ったCTを
   撮り直さなければ、原因は分かりません。
   仮に原因が分かったからと言って、治療の選択肢は限られてます。
   原因が判明して必要なら 入院しますか? 手術しますか?

私・入院も、手術もしません。それにCTも無理だと思います。

先生・私も同意見です。このまま様子を診て何らかの症状が出てきたら
   その時にもう1度考えましょう。

1日中振り回された結果は 何もしない!という結論になり
これからの不安と覚悟を認識する。

寝たっきりになっても在宅介護に耐えられるか?
突然、冷たくなっていることはないのか?

父は十分長生きしたので
いつ迎えが来ても 心の準備は出来ている。

悲しいと言うより 寂しさと開放感と入り交じった感情になるだろうと思う。
いつも何があるか分からないと思いながら看ていますが
さらに身に迫ってきた。

そんなソワソワした気持の時は
お墓参り~~!!



c0034199_12244276.jpg
         庭のお花をいっぱい持って行ってきました。



古本・ギャラリー 閑古堂
毎週 : 木・金・土・日(第3木は休) 13時~17時 営業しています・・・♪
本を売りたい人も 本を買いたい人も
 話がしたい人も ナチュラルな「うつわ」が大好きな人も みなさん お待ちしております・・・・♪

安城市住吉町3丁目10-30
電話0566-98-3355





陶芸 ブログランキングへ



にほんブログ村




# by natumikan52 | 2018-03-23 12:25 | 生活 | Trackback | Comments(2)

時間の流れ・・・

あっという間に2月も終りに近づき
そろそろ畑の準備が忙しくなる・・・。

父が車に乗れなくなって3年目
毎日の畑の付き添いも3年目

後何年続くんだろう・・・

古本の仕事
ギャラリーの再生
陶芸
介護

ヒカリの世話(犬の散歩)
雑用に押しつぶされそうな毎日・・・。

のんびり暮らしたい~!
自分のことだけ考えていたい~!
自分の好きなところに 自由に行きたい~!

と、思います。

でも、みんなが言うように一人は寂しいよ~!
介護も何時までも続くわけじゃないよ~!

全部正解で、息苦しい・・・。

でも、本当に 毎日毎日が あっという間に過ぎて
何事もないって事が実はとても 幸せな事なのか?な?

時間の流れに ふあ~~と流されて
1日1日をやり過ごす・・・


今日も春じゃがの芽出し中~~♪
c0034199_12500587.png

古本・ギャラリー 閑古堂
毎週 : 木・金・土・日(第3木は休) 13時~17時 営業しています・・・♪
本を売りたい人も 本を買いたい人も
 話がしたい人も ナチュラルな「うつわ」が大好きな人も みなさん お待ちしております・・・・♪

安城市住吉町3丁目10-30
電話0566-98-3355





陶芸 ブログランキングへ



にほんブログ村


# by natumikan52 | 2018-02-23 12:48 | 生活 | Trackback | Comments(0)