人気ブログランキング |

買った本の中から・・・!陶芸は・・・?

日本縫針考 渡邊滋著
昭和19年11月発行!!
c0034199_14515838.jpg

戦争末期で食べものも なかった時代に
こんなきれいな本を出していたのですね~~♪

中は 針作りの 工程画も・・。

c0034199_14523180.jpg


太宰治の 「斜陽」
c0034199_14575224.jpg


太宰治と山崎富栄が入水自殺したのが 昭和23年6月・・・・。
この本が 出たのが昭和23年9月になっています。
なので、出版される前に 亡くなったんですね・・・。


「斜陽」は 太宰のベストセラーであり

太宰治、妻(美知子)太田静子、山崎富栄などの人生が
大きく変わる要因になった作品です・・・。

太宰死後、みんな この本を手に取り 太宰の人生に思いを馳せたのでしょうか?




陶芸も・・・・!!
いや~~!
暑さで バテテイマス。

でも、作品は 溜まる一方なので
次の窯焚きまでに 透明釉を 作らないと!!

埃(粉)だらけになって
汗びっしょりになって・・・

作りました!!透明釉・・・♪

配合はと言うと超シンプルに

長石 80%
土灰10%
藁灰10% 以上です・・・♪

10リットルできました!!
c0034199_15143978.jpg


アナベル挿し木その後・・・♪
芽が大きくなってきました・・・(*^_^*)
・・・・もう葉っぱを誰かに食べられてる!!

c0034199_1536281.png





毎週 : 木・金・土・日(第3木は休) 13時~17時 営業しています・・・♪
本を売りたい人も 本を買いたい人も 話がしたい人も ナチュラルな「うつわ」が大好きな人も みなさん お待ちしております・・・・♪






書店 ブログランキングへ



にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by natumikan52 | 2013-08-08 15:16 | 仕事? | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://natumikan5.exblog.jp/tb/20599407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yayoi at 2013-08-09 08:51 x
おはようございます。
昔の本、、、普段手に取って見る機会がないもので
興味深いです。
この時代に@@@と驚かされる事も多いでしょうね~

太宰治・・・そうでしたか?23年6月生まれです^^;

昨日、頼んでいた釉薬20キロが福岡より届きました。
大きなバケツに主人と二人がかりで入れて暑い中
かき混ぜました。。。
わたしもnatumikanさんのレシピで作ってみたいですが、
勇気がいりますね~。でもいつか是非!
(一緒に注文していたゼーゲルが途方もなく値上がりしていました^^:)
Commented by natumikan52 at 2013-08-10 10:37
> yayoi さん
私のもう少し知識があれば
もっと興味深い本もたくさんあるんでしょうけど・・・。

今更ですけど 勉強中です・・・♪

へぇ~~!!
23年6月ですか~~♪ 生まれ変わり・・・?♪

釉薬は 買うと高いんですよね~!!
ありがたいことに 瀬戸市まで車で1時間ちょっとで行けるところに
住んでいるので 陶芸の道具、材料の調達は 非常に便利です・・・♪
直接買うので アドバイスも してもらえます・・・(*^_^*)

透明釉は簡単なので ぜひトライしてみてください・・・♪
Commented by akiraco at 2013-08-10 19:22 x
長石80%/土灰10%/藁灰10%で透明釉になるのですね…
艶っぽいのでしょうか?勉強不足です><;

私は透明マット釉を作ろうとしています。
この猛暑が一段落したら(できれば8月に…、9月かな~)
作った釉を試してみようと思っています。
成功したら調合データと一緒に載せますね。

我が家にもまだ本が少々眠っています。
今の住まいに引っ越してくるときかなり捨ててしまいました。

古書のことは全く分かりません。
でもときどきアマゾンで古書を購入しています。
古書を買うというより、読みたいとおもった書籍が絶版だったりしたときです。
半年や一年ほど?(忘れたころ)たってから
「ご希望に添えませんでした。代金をお返しします」ってメールが入ります^^
Commented by natumikan52 at 2013-08-11 11:16
>akiracoさん
透明釉・・・!!
普通に艶っぽいですよ・・・♪
使う材料で 色見が違うとおもいますけど。

akiracoさんの
透明マット釉って?
焼き締めっぽいってことかな・・・?

興味深々です・・・!!

本を捨ててしまったのですね~~涙

古本の処分は 〇ッ〇〇フではなく
全国古書組合加盟店を お勧めします。
ネットで最寄りの お店が検索できると思います。

忘れたころに返金って?
akiracoさんも おおらかですね!!

私なら10日経っても 届かなかったら メールで問い合わせます!!
Commented by akiraco at 2013-08-11 18:59 x
natumikanさん

まだ本は900から1200の幅で天井までの本箱12個分かな?あります。
でも古書としての価値があるのは少ない無いと思います。

オリジナル釉薬は今、白マット釉が何とか使えます。
赤松の灰(いただき物)を使ってグレーっぽい釉ができ
これはかなり気に入りました。
でも本物の赤松100%の釉は手に入らなくて、自分で作るしかないようです。

わたしのほうは知識がなくて…ですが、
一緒に勉強させていただけたらとてもうれしく思います。
少し遠いので通うわけにはいきませんが、
取り敢えず猛暑が一段落したら、一度陶芸教室お訪ねしたいなと思っています。
Commented by natumikan52 at 2013-08-12 13:49
>akiracoさん
すごっ・・・!!
部屋中本だらけって感じですね~♪
実は いつもかっこいい(?)ことばかり書いてますが
私は全然読書家ではないです・・・・はずかしい。。。

オットが元気だったら akiracoさんと話が弾んだだろうと思います!!
不本意(?)ながら 古本屋を続ける事を決心して

オットの背中を追っかけてるところです・・・!!
居た時はまったく 聴く耳をもたず・・・だったのですが

居なくなった 今になって 過去に言っていた
作家や 芸術家やの名前が 本の背から

よみがえってきます。

陶芸は akiracoさんの方が ずっと 上だと思います・・・。
私は いつも 行き当たりばったりで・・・。

一緒に勉強、うれしいですが、役に立つか心配です・・・!!
いつでも 遊びに来てください・・・♪
<< 文庫解説目録・・・高~~~っ!! 浜田知明 オリジナル画集 限定... >>